気に入った物がなければ、とりあえず作ってみる。



あったら便利なアームピンクッション




最近息子のハロウィンコスチュームを作り、久しぶりにちゃんとした洋裁に取り組んで思い出したのが、アームピンクッションの存在でした。


キルトや洋裁をするたびに「欲しいな〜」と思って、お店やオンラインショップで色々と探してみるのですが、どうも気に入る物が見つからず、買わずにいました。



そこで、端切れを利用して、自分で作ってみることにしました。


ということで、今回はあったら便利なアームピンクッションの作り方を紹介していきます。





そもそも、アームピンクッションってどんな物だかご存知ですか?



アームピンクッションとは、針山が腕に付けられるようになっていて、洋裁や大きな物を作る時に重宝します。


また小さいお子さんがいても、普通の針山を置きっぱなしにするよりも危険がなくて安心です。


引用;コジカジ




インターネットでアームピンクッションの作り方を調べると、たくさんレシピが出てきますが、私なりにアレンジしたので、是非参考にしてくださいね♪






余ってる材料で簡単に作れるピンクッション



〈用意する物〉

・端切れ
・綿(今回はキルトを作った時に余ったキルト芯を使いました。)
・リボン(無くても大丈夫です。)
・平ゴム20mm
・ボンドなどの接着剤
・クリアファイル
・裁縫道具一式



手芸が好きなあなたなら、割と家にある物ばかりじゃないですか?


ミシンを使わず手縫いでもすぐにできてしまうので、空いた時間にサクッと作ってみましょう♪



では、作り方を説明していきます。





⑴ 材料を切り出す。

A. クッション部分の生地;直径180mm×1枚
B.ゴム部分の生地;幅50mm、長さ300mm×1枚
C.クッションの底パーツ(クリアファイル);直径50mm×4枚

Kana
Kana

クリアファイルのパーツはとても重要です。
忘れずに用意しましょう‼︎





⑵ 材料A.の外周から15mmのところを波縫いする。

一目5mm程度のザックリ縫いでOK!
ただし、途中で糸を継がず一気に縫いましょう。
また、後で強く引っ張るので糸は二本取りにしましょう。




⑶ 糸を引っ張り、口を締めながら綿を詰めていく。

ポイントは、ギューギューに綿を詰めることです。
綿が少ないと形がきれいに仕上がらず、針山としても使いづらくなります。




⑷ 材料C.のうち、2枚を入れて口を閉じる。

材料C.は忘れずに入れましょう。
入れないと針が腕まで刺さってしまいます。

Kana
Kana

あまり強く糸を引っ張りすぎると切れてしまいますが、口が緩んでいてもうまく仕上がりません。
力加減が重要です‼︎






⑸ 材料C.の残り2枚に布を貼り付けてクッションに縫い付ける。

Kana
Kana

面倒な人は、フェルトを円形に切って貼るだけでもOK‼︎
ただ、布を貼ったクリアファイルの方が形が整いやすいです。






⑹ 材料B.を長手方向で半分に折り、縁から5mmを直線縫いする。

手縫いでももちろんいいですが、私は面倒だったのでここだけはミシン縫いにしました。
アイロンで折りグセを付けてから縫うと簡単です。




⑺ ⑹で作ったパーツを裏返してアイロンで整える。

Kana
Kana

強めにアイロンを当ててしっかり形を整えておいた方が、後でゴムを通しやすいです。






⑻ ゴムを通して端末同士をつなげて輪っか状にします。

使う人の手首に合わせた長さのゴムを通しましょう。
輪っか状にする時は、必ず通したゴムが中で外れないように繋げましょう。




⑼ クッション部分の周りにリボンをつけます。



リボンは付けなくても問題ないですが、少し締め上げるようにリボンを廻すと、クッションがぷくっとして形が綺麗になります。





⑽ クッションとゴムのパーツを縫い付けて完成です♪








家事の合間でもすぐにできちゃいますので、可愛い端切れがあったら作ってみてください♪


早速、私が作ったアームピンクッションはフル稼働しています。


とても便利なので「もっと早く作れば良かった…」と後悔しています。


“気に入った物がなければ、とりあえず作ってみればいい”


そう実感したアームピンクッションでした。




Please follow and like us:

「気に入った物がなければ、とりあえず作ってみる。」に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です