汗をかきかきキルティング作業。



ジーンズからピクニックラグをハンドメイド
Vol.2




前回は、着なくなったジーンズを切ってパッチワークした様子を紹介しました。


今回は、私が大大大の苦手なキルティング作業の模様を紹介します。



Kana
Kana

Vol.1 ジーンズからパーツを切り出してパッチワークする様子は、こちらの記事をご覧ください。

捨てられないジーンズたちをリメイク。




キルティング【quilting】;表布と裏布の間に綿などの芯(しん)を入れて、刺し縫いにし、模様を浮き出させる手芸の技法。また、そのようにして縫ったもの。



引用;craf online shop




何よりも肝心!?安全ピン留め



毎回キルティングをする時に、この作業が憂鬱でなりません。


完璧に弛みがなく表布・中綿芯・裏布を重ねて、しっかり仮縫いしても、ミシンで縫っているうちに、段々表布と裏布がずれてきてしまうのです…。


いつも、縫ってはほどいて縫ってはほどいてを繰り返してしまいます。


そんな悩みをママ友に相談したところ、いい方法を教えてもらいました。





まずは、表布をノリをつけてしっかりアイロンがけします。





そして、アイロンがけした表布を裏返して床などにテープで留めます。

その時も、たるまないように布を引っ張りながら貼っていきます!!!






そしたら、その上にキルト芯(綿芯)と裏布を重ねていきます。






ここからが最も大変な作業です。
裏布をとにかく引っ張りながら安全ピンで留めていきます。
裏布がパンパンに張るように留めていくのがポイントです。




ちなみに、私は針が元々曲がっている安全ピンを愛用しています。


生地への負担が弱いので、オススメです。

Amazonなどでも購入可能なようなので、ぜひ試してみてください♪

引用;Amazon 曲がった安全ピン





あとは、床に貼り付けていたテープを取って、ミシンなどでキルティングしていきます。



今回はゆるーい雰囲気に仕上げたかったのと、生地の風合いを残したかったので、縫い目をパーツ間のつなぎ目と合わせる方法にしました。


Kana
Kana

このような技法を「落とし縫い」や「落としキルト」と言います。


引用;Olympus 落としキルトの説明




どうにかいつもよりは失敗が少なく仕上がりました。
キルティングの一連の作業で、かなり疲れました…。




最後に、好みのバイヤステープを外周につけて完成です。

ジーンズ5本から、43インチ(109cm)×61インチ(154cm)のラグを作ることができました。




Kana
Kana

バイヤステープの付け方は、こちらのサイトがとても丁寧に解説してくれています。

nunocoto バイヤステープの縫い付け方・使い方




今回は、キルトの先輩ママ友が色々教えてくれたおかげで、自分なりに進歩できた作品になりました。


出来上がったピクニックラグは、完成翌日からフル稼働してます。


持ち歩く際には、手持ちのブランケット用バンドを使っています。


少々かさばりますが、見た目重視ということで…。






このラグが息子の代もその子供の代もずっと使われるといいな、と思いながら作業してきました。


丈夫なジーンズだからころ、色々な物にリメイクできるはずです!


あなたもいらないジーンズを捨てたり売ったりする前に、何かに再利用できるか少しだけ考えてみてはいかがでしょうか。



Please follow and like us:

「汗をかきかきキルティング作業。」に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です