キャンプの定番スイーツ“スモアズ”を自宅で楽しむ

SNSで話題のスモアズホットサンド



こちらアメリカ中西部には、着々と冬の気配が近づいてきていますが、日本は紅葉美しく、気持ちいい季節でしょうか?

友人たちのSNSを見ると、お洒落キャンプを楽しんでいる様子をたくさん見かけます。

アウトドア好きの我が家も、毎年何度もキャンプに出かけるのですが、今年は大規模な山火事&コロナ禍のダブルパンチで、あまりキャンプに出かけられませんでした。

ということで、自宅で少しでもキャンプ気分を味わおうと、キャンプ飯を家で作ることにしました。

さて、簡単に作れてキャンプ気分を味わえる料理はないかな?と色々調べてみたら、家族みんなが喜びそうなレシピを見つけました!!


その名も “S’mores Grilled Cheese(スモアズ・グリルド・チーズ)” です♪





Kana
Kana

S’mores(スモアズ)とは、キャンプファイヤーの残り火でマシュマロを焼いて、グラハムクラッカーにチョコレートと一緒に挟んで食べる定番のキャンプファイヤースイーツです♪


引用;Fresh Off The Grid



調べてみるとたくさんの方が同じようなレシピを公開されていて、どれもトロ〜としたマシュマロが美味しそうでした♪

ということで、今回は “S’mores(スモアズ)”ホットサンドのレシピを紹介します。

日本でも簡単に手に入る材料だけで作れるように改良しましたので、ぜひ皆さんもお家でキャンプスイーツを楽しんでみてください。



〈 材料 〉※2人分

・食パン:4枚
・バター(マーガリンでもOK)
・クリームチーズ
・パンに塗るチョコレート(板チョコなどの固形チョコレートでもOK)
・マシュマロ
・全粒クラッカー(ビスケットでもOK)


Kana
Kana

材料の量は全て「適量」です。
甘いものがお好きな場合は、チョコレートをたっぷりと!
甘さ控えめで作りたい場合は、クリームチーズをたっぷり入れるとほのかな塩加減で美味しくなります♪




では、作り方を紹介していきます。


⑴ 食パンの片面にバターを塗る


食パン4枚全ての片面だけにたっぷりとバター(マーガリン)を塗ります。

カロリーが心配になるかもしれませんが…、バターは厚めに塗ると美味しく仕上がります。




⑵ バターの上から細かくした全粒クラッカーをかける


バターを塗った上に、細かくした全粒クラッカー(ビスケット)を振りかけて、手で抑えつけます。

クラッカー(ビスケット)はあまり細かくすると風味や食感が損なわれますので、細かくしすぎないように注意しましょう!



⑶ 何も塗っていない面にクリームチーズ・チョコレートを塗る


フライパンに食パン2枚だけをクラッカーを付けた面を下にして置き、その上にクリームチーズとチョコレートを塗ります。

チョコレートの量で甘さの調節をしましょう。





⑷ マシュマロを並べ、パンを乗せる


チョコレートの上に、半分に割ったマシュマロをぎっしりと並べます。

マシュマロが多い方が、後で焼いた時にトロッとして美味しいです。

マシュマロを並べたら、残りの2枚をクラッカーが付いている面を上にして置きます。




⑸ フライパンで両面をこんがりと焼いて完成♪


ぎゅっと抑えつけるように中弱火で両面をこんがりと焼きます。

パンにバターが塗ってあるので、フライパンには何も塗る必要はありません。

両面を焼くとこのようになります。


焼き上がりをすぐに切ってみると、トロッと溶けたマシュマロとチョコレートが混ざり合って流れ出てきます。


ものすごく甘そうに見えるかもしれませんが、食べてみてびっくりします!

クリームチーズの塩味が、マシュマロやチョコレートの甘さをいい感じに和らげてくれるのです。

甘いものが苦手な人でも、意外に美味しく食べられますよ♪


ちなみに、パンに塗るチョコレートはご自宅で作ることもできます。

下の記事では、乳製品を使わないチョコレートスプレッドの作り方を紹介していますので、ご興味のある方はぜひのぞいてみてください♪





作るのが面倒な場合は、余っている板チョコをそのまま挟んでも美味しくできますよ。


Kana
Kana

我が家では、ハロウィンでもらったナッツ入りチョコレートでも試してみました。
ナッツの食感が加わると、より一層香ばしく美味しく出来上がりました。




いかがでしたか?

今回は、キャンプの定番スイーツ “S’mores(スモアズ)” をアレンジした、ホットサンドの作り方を紹介しました。

とてつもなく甘いのかと思いきや、意外と大人も美味しく食べられる甘さ控えめのサンドイッチに仕上がりました♪

忙しくてなかなかキャンプに行けない!!!そんなあなたも、ぜひおうちでキャンプスイーツを楽しんでみてください。



Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です