穴の空いたシャツをまたまたリメイク



大人のシャツから子供のパンツをハンドメイド

皆さん、お気に入りの洋服って持っていますか?

どうしても着心地のいい気に入った洋服はたくさん着てしまいますよね。

私の場合も、肌触りがとても気持ちよくてお気に入りだったシャツをヘビロテしすぎて、脇部分が擦り切れてしまいました…。


今までなら何も考えずに捨てていましたが、最近洋服のアップサイクルにとても興味があるので、「あーあ、穴が空いちゃった(悲)」というよりも「ヤッター!リメイクできる材料ができた!」という気持ちになりました。



そこで、今回は少々実験的ではありましたが、大人のシャツを子供用のパンツ(ズボン)に作り変えた様子を紹介します。


パンツを作って余った部分をさらにファッション小物に変身させてみました♪

腰回りがゴムの楽チンパンツなので、部屋着にもぴったりです。

思い入れのある捨てがたい洋服がありましたら、ぜひお試しください。


Kana
Kana

こちらの記事では、大人のシャツを子供用エプロンにリメイクしました。
合わせてぜひご覧ください♪

着なくなったシャツを子供のためにリメイク



こちらが今回使うシャツです。

Women’sフリーサイズの襟付きカジュアルシャツです。

とっても肌触りが柔らかくてツルツルでお気に入りでした。



まずはシャツからポケットを取り、あとは型紙を当ててパーツを切り出します。

ポイントは、ボタン部分がパンツにした時のデザインのアクセントになるように完成品をイメージしながらパーツをとることです。

Kana
Kana

どうしてもシャツの生地だけでは足りないので、シャツと合う生地を用意しましょう。
シャツが二枚あれば必要ありません。



パーツが揃ったら、あとはミシンで縫うだけです。

今回使った型紙の場合は曲線部分がほとんどないので、手縫いでも時間をかけずに作ることができます♪

完成品はこのような感じです。


薄い色のデニムシャツに合わせて、ブルーのリネン生地をプラスしてみました。

正面にボタン部分を見えるようにして、個性的な仕上がりにしました。

お尻部分には、最初に外しておいた胸ポケットをそのまま縫い付けました。


Kana
Kana

今回使った型紙はこちらのサイトからダウンロードできます。
写真付きのわかりやすい解説もついています。

nunocoto fabric – ながく履けるよ♪こども用おなかすっぽりパンツの作り方



パンツを作ったあとは、残った袖や襟の部分は捨てようかと思ったのですが、せっかくなのでこの部分も使ってみました。


襟は切り取ってからビジューを縫い付けて“つけ襟”にして、袖口部分は小物入れ、その他余った生地で息子の蝶ネクタイを作りました。



こんな風に親子コーデにも使えます。

作ったパンツを下に履いても素敵なリンクコーデになりますよね♪

Kana
Kana

蝶ネクタイの作り方はこちらを参考にしました。

nunocoto fabric – 15分で作れるおめかし小物、蝶ネクタイの作り方4種




袖口で作った小物入れには、リップスティックとお札・コインを入れられます。

あまり物は入れられませんが、細かいものを入れるには便利です。

ピルケースなんかにも使えそうですね。

Kana
Kana

こちらの記事では、小さくなった子供服をクッションカバーにリメイクしました。
合わせてぜひご覧ください。

思い出の子供服をずっと使える物へアップサイクル。



いかがでしたか?

大人の着られなくなった洋服を子供服にリメイクしました。

アイデア次第で色々な子供服に作り変えられそうですね♪

形を変えてお気に入りの服が残るのも嬉しいです。

ぜひあなたも着られなくなった服を捨てる前に、何かに作り変えられないかアイデアをひねってみましょう!



Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です