子供用作業着をハンドメイド



絵の具遊びにハマっている息子のために。



私が住んでいる町は、着々と真冬の寒さになってきてお家の中で遊ぶ事が増えてきました。家の中でのアクティビティは親にとって頭を悩ます問題ですよね。

そこで、むかーし買え与えた絵の具を引っ張り出してきてみたところ、息子の琴線に触れたようで、一人で黙々と絵を描いていてくれるようになりました。

学校では、ほぼ息子専用のペイントスペースを作ってくれたようです。こんな手で家の中で遊ばれた時には卒倒しそうです…。


そんな息子が絵の具汚れを気にしなくていいように、作業着を作ってあげることにしました。子供用の作業着といえば、スモックやエプロン、少し本格的なところでつなぎ?

何を作ろうか迷いましたが、息子と相談して白衣(ラボコート)を作ることにしました。

今回は、洋服作り初心者の私が子供用白衣を作った様子を紹介します。

Kana
Kana

今回は、こちらのサイトで無料提供(2019年12月現在)されている型紙を作りました。

Rebecca Page – FREEBIE Lab Coat Sewing Pattern

Rebecca Pageとは大人の服から子供服まで色々な型紙を購入することができるサイトです。
型紙は購入後ダウンロードするので、日本からでも購入可能です!
嬉しいことに、会員登録(無料)すれば月ごとに無料パターンがダウンロードできます。

引用;Rebecca Page


まず結論から言うと…、もちろん作り方の説明書は英語ですし、結構ざっくりなので、なかなか苦戦しました。

でも、洋裁の基本がわかっている人にとっては簡単に作れるでしょうし、他の洋服の作り方に関する書籍などと合わせて見れば、なんとか理解できました。

作り終わって、自分的に「大きく成長したな〜」と感じたのは、フレンチシーム(袋縫い)をマスターしたことです。

フレンチシーム(袋縫い)とは、縫い合わせたぬいしろ部分の始末方法のことです。これを習得すれば、生地の端をジグザグ縫いしたり、ロックミシンで処理する必要がありません。

そして何より、洋服の内側もすっきりして、着心地もよく洗濯を繰り返してもダメージがありません!

Kana
Kana

フレンチシーム(袋縫い)の詳しいやり方は、こちらのサイトに分かりやすく解説されています。

nunocoto – ぬいしろの始末



制作時間は丸1日…、息子の世話を主人に丸投げしてどうにか作り終えました。


以前の職場でネイビーブルーの白衣を着ていらっしゃる素敵な上司をふと思い出して、今回は薄手のデニム生地で作ってみました。

息子が着てみるとこんな感じです♪

私は全く意図していませんでしたが、襟が自然と立ってしまうので、息子は「ドクター・ストレンジみたい!」と喜んでいます。

引用;MARVEL

大きめに作ったので、当分着られそうです。ほぼ毎朝、自ら白衣に腕を通しブツブツ言いながら筆を動かしています(笑)。





家でのアクティビティは、親にとって頭を悩ます問題ですよね。私も、思いっきり遊ばせてあげたい気持ちと、家や洋服が汚れることへの憂鬱さが葛藤してしまいます。

でもやっぱり、子供が好きなことをのびのび楽しんでいる姿を見るのは嬉しいものです。そんな手助けをできた喜びは格別です♪

白衣は、お絵かきだけではなく泥遊びなど外遊びでも重宝します。簡単にサクッと!とはいきませんが、出来上がった時の達成感は大きいです。

ぜひ興味がありましたら挑戦してみてください。



Please follow and like us:

「子供用作業着をハンドメイド」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です