気持ちを込めたプチギフト。

さりげないラッピングアイデアを紹介

8月の初旬、息子が2年間通ったプリスクールを卒業しました。

コロナ禍の中でも消毒や検温管理を徹底してくださり、少人数制で開校し続けてくれました。

通い始めた頃は全く英語が話せなかった息子も、プリスクールに通い先生や友達と触れ合う中であっという間に英語を理解できるようになりました。

そこで、プリスクールの先生やスタッフの方に心を込めたプチギフトを作りました。


Kana
Kana

アメリカには学年の最後やクリスマスに学校の先生にギフトを贈るという習慣があります。

「贈らなくてはいけない」という訳ではありませんが、先生やスタッフの対応に満足した場合はギフトを贈ります。



今回は、さりげないプチギフトのラッピングアイデアを紹介します。

是非みなさんも参考にしてください♪



さて、どんなギフトを用意しようか色々調べたところ、まず相場は5〜20ドルが相場のようで、お花やカード、ちょっとしたお菓子が主流のようです。

最近は先生が好きな物を買えるようにギフトカードを贈る家庭が多いようなので、私もAmazonのギフトカードを贈ることにしました。


でも、ギフトカードをそのまま贈るのではボリュームもなく味気ないですよね…。

なので、ラッピングアイテムとして簡単な“ぺったんこポーチ”を作りました。

Kana
Kana

刺繍をした言葉は、プリスクールの理念です。
素敵な言葉だったのでデザインの一部にしました。






その他には、息子の写真と息子が頑張って折った折り紙の花を用意しました。


もう一つ用意したのが、ポーチをラッピングするためのメッセージを書いたトレーシングペーパーです♪

メッセージと学校のロゴでもある男の子を描きました。






Kana
Kana

5歳になる息子はトレーシングペーパーを使って好きなヒーローの絵をなぞるのが大好きです。
特にロールタイプはラッピングにも使えて便利です♪




以前にも別の記事で紹介しましたが、ハンドレタリングを始める時にとても参考になるのがこちらの書籍です♪

引用;Amazon

黒ペン1本あれば色々なデザインの文字を書くことができます。

“Thank you” や “Happy Birthday”など、よく使うフレーズがたくさん載っていて、すぐにでも素敵なハンドレタリングのメッセージが書けますし、素敵なフォントの見本もたくさん載っているのでオススメです。



さて、このトレーシングペーパーに書いたハンドレタリングをどうやってラッピングに使うかというと…、縫って袋状にしてしまうんです!


Kana
Kana

プチギフトのラッピングで私がとてもよく使う “技” です!
ミシンで一気に縫ってもいいですし、刺繍糸など少し太い糸で手縫いしても可愛くなりますよ♪




これで先生に贈るプチギフトの完成です♪

最終登校日に息子から先生に手渡ししました。

最初のうちは英語がわからず登校時は泣いて脱走してばかりでしたが、最後の日は寂しすぎて半泣きの息子でした。



プチギフトは少しでも手作りの物やラッピングを加えてあげることでこちらの思いが伝わります。

ほんの少しの手間でも、是非贈る人のことを思いながらハンドメイドを楽しんでみてください♪




Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です