わんこのための手作りおもちゃ&ケーキ

我が家の次男(わんこ)の誕生日祝い

我が家にはLittle R(6歳の息子)以外にもう一人息子がいます。それが、8月末に2歳の誕生日を迎えたCookie(雑種犬)です。このブログでも度々登場しているので、既にご存知の方も多いでしょう。実はこの子は生後二ヶ月でニューメキシコ州の道端にて保護されてコロラド州のシェルターへ移送され、我が家へ迎え入れた時には毛も所々抜け落ちて肋骨が浮いている状態でした。
しかし、本来のポテンシャルを発揮して今や体重30kg越えの大きなわんこに成長してくれました。

そんな彼の誕生日は捨て子だったため不明…ということで、我が家ではLittle Rの誕生日のちょうど一ヶ月後をCookieの誕生日に設定しています。ささやかながら何かお祝いしてあげたい!ということで、今年は手作りおもちゃとケーキを作ってあげることにしました。

ということで、今回は愛犬のために心を込めて作ったカミカミおもちゃとケーキのレシピを紹介します。今回はどちらもオリジナルレシピではありませんが、おすすめなのでぜひわんちゃんを飼っている方はお試しください♪

Kana
Kana

今までもわんこのための洋服作りやお菓子作りについて紹介しています。興味のある方は是非合わせてご覧ください。










余っていたパラコードで作る骨型のカミカミおもちゃ


プレゼントには、このブログではおなじみのパラコードを使った骨の形のカミカミおもちゃを作りました。材料費がかからず丈夫なので、すぐにボロボロになりがちなわんこのおもちゃを作るのにぴったりの材料です。


用意するのはたった3つだけ!

・パラコード
・ハサミ
・ライター

これだけあれば簡単に作れます。


今回参考にした作り方はこちらです。

動画内では大きいタイプをロープで、小さいタイプをパラコード1本で編んでいますが、私はパラコードを3本セットで編んで大きく丈夫に仕上げました。全編英語で解説されていますが、音声なしでもこまめに一時停止していけば問題なく作れるはず!カラフルなコードで作っても可愛いですよね。

Kana
Kana

下の記事ではパラコードの扱い方を詳しく紹介しています。是非合わせてご覧ください。








Cookieにあげたところ即座に自分のものだと認識してくれたようで、毎日起きている時も寝ている時も近くに置いてカミカミしています。作った甲斐があったな〜。






ピーナッツバターloverのわんこのために作ったキャロットケーキ


誕生日といったらやっぱりケーキは欠かせませんよね!最近は市販のペット用ケーキが豊富に売られていますが、やはりMommy Kanaの威信にかけて(?)手作りすることにしました。インターネットでレシピを調べると、色々な材料を使ったものがたくさん!どれにしようか迷っていたところに、Cookieにぴったりのものを見つけました。

それが、ピーナッツバター入りのキャロットケーキです。何を隠そうCookieはピーナッツバターが大好きで、いい子だった時にだけご褒美であげています。今回参考にしたレシピは下のページで紹介されています。




我が家ではこのレシピを少しアレンジしました。

・バニラエッセンスとシナモンを入れない
・アイシングは水切りヨーグルトのみ
・はちみつは控えめに

あとは、メッセージプレートとして蒸したサツマイモを用意してばっちり!

Little Rと「食べてくれるかなー…」と観察してみたところ、水切りヨーグルトで書いたメッセージとさつまいものプレートは瞬殺!問題のケーキはというと…


最初は恐る恐る匂いを嗅いでいましたが、「食べていいもの」と判断してくれたようで、口にくわえて小走りで彼のベッドへ持って行きこっそり食べてくれました。親子でホッとひと安心♪



これで次男の誕生日もささやかですがお祝いできました。Cookie自身は全く誕生日の自覚はないでしょうから完全なオーナーの自己満足ですが、やっぱり大切な家族の記念日はハンドメイドでお祝いすると楽しいですよね。来年はどんなプレゼントを用意しようかと今から楽しみです。

ぜひペットを飼っている方は、簡単でもいいのでハンドメイドで誕生日を盛り上げてみてはいかがでしょうか。ペット用のケーキは人間用と比べても簡単であっという間にできてしまうため、私のようにお菓子作りが苦手な方でも楽しく作れるはずです!ぜひチャレンジしてみてください。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です