コスパ最高のオーガニック手作りリップクリーム

息子のカサカサな唇をしっかり保湿する。


以前もお話ししました通り、我が家が住んでいるアメリカ・コロラド州は、一年を通して常に乾燥しています。ここに越してきてすぐの頃は、家族全員肌がガサガサになり、とても辛い思いをしました。

今となっては体が順応したのか、それほど気にならなくなりましたが、やはり子供の肌は正直です…。


少しケアを怠ると、かなり唇がカサカサになってしまうのです…。

買い物に行くたびにスパイダーマンのリップクリームをねだられるのですが、彼曰く「味が美味しいから!」ということです。お察しの通り、彼はリップクリームをかじっているのです…。どおりですぐなくなるわけです。

そこでふと、「リップクリームを作ってみよう」と思って色々調べたところ、我が家にあるものからリップクリームが作れることが分かりました!何度か作って、ようやく息子も私も満足できるリップクリームが完成しました。

今回は、子供が口にしても安心な、オーガニック素材から作るリップクリームの作り方を紹介します。手に入れやすい物で作れるので経済的で、添加物が入っていないので敏感肌の方も安心して使えます。

材料さえ揃えば30分もかからずに出来上がるので、ぜひ皆さんも試してみてください。




では、まず材料から紹介します。

〈 材料 〉※リップスティック12〜13本分
・ミツロウ :25g程度
・ココナッツオイル :大さじ3程度
・はちみつ :大さじ1程度
・エッセンシャルオイル(お好きな香り):10滴程度
・ビタミンEオイル :大さじ1程度

スティックタイプを作る場合は、専用の容器を用意してください。

Kana
Kana

スティックタイプの容器がない場合は、旅行用クリーム容器などを使えば、指で塗るタイプのリップクリームが作れます。

Kana
Kana

エッセンシャルオイルは香りによっては「光毒性」があります。選ぶ際には気をつけましょう。詳しくは下のサイトをご覧ください。






⑴ ミツロウ・ココナッツオイル・はちみつを耐熱容器に入れて湯煎にかける。


ミツロウ・ココナッツオイル・はちみつを耐熱容器に入れて、全て溶けるまで湯煎にかけます。今回はバーのミツロウを使いましたが、小粒のタイプを選ぶとすぐに溶けます。



⑵ 湯煎にかけている間に、ケースを準備しておく。


クリーム容器の場合は特に準備の手間は必要ありませんが、スティックタイプにする場合は、事前に上の写真のように何本か輪ゴムで束ねておきましょう。こうしておくと、液を入れる時に倒れる失敗がありません。



⑶ 容器に溶けた液を流し入れる。


ミツロウが完全に溶けたら、冷めないうちに容器へ流し込みます。冷めて固まると質量が減るので、表面張力がおきるくらいたっぷりと注ぎましょう。1時間程度置けば、完全に固まります。



⑷ 周りについたクリームを拭き取って完成です♪


容器の周りについたクリームをしっかり拭き取って完成です。今回は、お友達にもお裾分けするため、材料を表記したラベルをつけました。

まずは、ラベルのデータを普通紙にプリントアウトして、その上からアイロンでラミネートシートを貼り付けます。ラミネートシートなしでもラベルになりますが、貼るとより丈夫になります。

Kana
Kana

アイロンで接着できるラミネートシートは、手持ちの布や紙を耐水加工できるので、色々なシーンで活用できます。






裏面に両面テープを貼れば、ラベルの完成です。あと本体に貼り付けるだけです!


いかがでしたか?今回は、子供が使っても安心な手作りリップクリームのレシピを紹介しました。材料が揃えば、あっという間にできてしまいます。リップクリームはすぐに使い終わってしまうので、まとめて手作りすればかなり経済的です。

我が家ではオレンジのエッセンシャルオイルを使いますが、ココナッツとオレンジの香りを息子もとても気に入ってくれたので、喜んで塗ってくれています。保湿性が高いので、唇が切れやすい方にはおすすめです。ぜひお試しください!

Kana
Kana

ミツロウは、今流行りの “繰り返し使えるラップ” を作るのにも使えますので、ぜひこちらもチャレンジしてみてください。







Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です