着なくなったシャツを子供のためにリメイク



シャツから作るエプロン!?



突然ですが、皆さんのクローゼットには着古したシャツが眠っていたりしませんか?


我が家の狭いクローゼットをまたまた断捨離してみたら、着すぎてヨレヨレになったロングシャツが出てきました。


ジーンズの時と同様に「何かに作り変えられないかな?」と貧乏性スイッチが入ってしまいました。



そこで、最近お菓子作りにも興味がある息子のためにエプロンに変身させてみることにしました。


今回は、いらなくなったシャツをエプロンにリメイクする方法を紹介します。


長さを調整すれば、大人用に子供用にもなります。



Kana
Kana

大人用を作る場合は、男性のシャツもしくはロングシャツを使いましょう。
女性用のシャツだと、エプロンとして十分な丈を確保できません。




いらないシャツを発見したら、早速作ってみましょう♪


では、作り方を紹介します。




⑴ 袖部分を切り落とす。



まずは、シャツの袖部分をカットします。(写真オレンジ線部分)


ポイントは、縫い目より内側でカットすることです。


そうすることで、あとで作業がしやすくなります。




袖を切り落とすとこんな感じになります。





⑵ 肩部分・襟まわり・脇を切り取る。



肩のつなぎ目を切ります。


その時に、袖の時と同様に縫い目より前のラインで切ります。




次に、襟まわりは付け根から3cmほど生地を残して切ります。


この部分をあとで巻き込んで端末を処理します。


脇のつなぎ目も切ります。



タグも後々邪魔になってくるので、付いている場合は切り落としてしまいましょう。





⑶ 丈などを好みのサイズに整える。


②の作業が終わると、シャツの全面と背面に分かれます。


前面を好みの長さに切り落とし、再度や脇周りもまっすぐカットして形を整えます。


その時に、1cm程度縫い代を含めたサイズにしましょう。





⑷ 襟まわりを処理する。

襟の付け根から3cm程度残しておいた部分を巻き込み、アイロンでプレスします。



上の写真のように“コの字”に縫います。





⑸ 付属のパーツを作る。

残っているシャツの背面部分から、下のパーツを切り出します。

裏地(2枚、オレンジ線の形+外周1cm)
ひも(2本、5cm幅×好みの長さ)
ポケット(2枚、15cm×16cm)

Kana
Kana

上手に切り出さないと生地が足りなくなってしまいます!
万が一、パーツを切り出す十分な生地がない場合は、いらない生地や既製の布ひもを使いましょう。

パーツが切り出せたら、裏地パーツ(2枚)は上の写真の矢印ラインを1cm程度折り返してアイロンでプレスしておきます。


ポケットパーツは、本体パーツにつけておきます。

Kana
Kana

ポケットパーツとひもパーツもそれぞれ準備しておきます。
作り方は下のサイトをご覧ください。

mametto – ポケットの縫い方
nunocoto – もう失敗しない!簡単&きれいな「布ひも」の作り方




⑹ 本体パーツに裏地パーツ・ひもパーツを留める。



本体パーツの表面を上に置き、裏地パーツを重ねるように置きます。


その時に、ひもパーツを挟み込むことも忘れないでください。



上部はぴったり合わなくても大丈夫です!

できるだけ、裏地の折り返した部分と、本体の襟の付け根が合うイメージで留めてください。





⑺ 裏地パーツを縫い付ける。



写真のオレンジ線部分のみ、ぬいしろ1cmほどとって縫います。


縫い終わったら、裏地パーツを本体パーツの裏側へひっくり返します。





⑻ 外周を縫って完成!



外周を縁から2〜3mmのところでぐるっと縫って完成です。


使う時は、上の方のボタンを外して、かぶるように着ます。

Kana
Kana

オックスフォードシャツのように厚手のシャツを使う場合は、裏地をつける必要はありません‼︎‼︎

裏地パーツを作る代わりに、本体パーツの外周を折り返して縫います。
あとは、布ひも(既製のひもでもOK)をつけるだけで出来上がりです♪



息子が着るとこんな感じになりました。


子供用にする場合は結構長めのエプロンになりますが、大人用の場合はカフェエプロンのように短いタイプになります。




いかがですか?


これでシャツから作るエプロンの完成です。


裏地をつける工程は少し面倒ですが、厚手のシャツを使えばそれも省けて簡単に作れちゃいます。


いらないシャツから作れば少々汚れても焦りませんし、着れなくなった思い出のシャツで作れば、ずっと愛用し続けることができます。


時間も大してかからずに作れますので、是非チャレンジしてみてください。



Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です