簡単で美味しい我が家のおもてなしデザート。



アップルコブラーを手作りする。




たくさんのお客様が家に来る時、みなさんはどんなお菓子でおもてなししますか?


以前住んでいた東京ではあちらこちらで簡単に美味しいスイーツを買うことができましたが、今住んでいるアメリカの片田舎ではそうもいきません。


そこでいつも作るのが、コブラーです。


今回は、お菓子作りが苦手なあなたでも簡単に!すぐに!できちゃうアップルコブラーの作り方を紹介します。


たくさん作れば、大人数のパーティーデザートにもなります♪


季節のフルーツで色々アレンジもできますので、ぜひ試してください。







そもそも、コブラー(Cobbler)というデザートをご存知でしょうか?


最近では、日本のレストランでもたまに見かけますが、まだまだ聞きなれないスイーツですよね。


アメリカの伝統菓子コブラーってご存知ですか? 旬のフルーツの上に、サクサクの生地をのせてオーブンで焼くだけの簡単おやつです! ホットケーキミックスでも作れるので、忙しい方にもピッタリのスイーツ。
(中略)
アメリカの伝統菓子コブラーは、地域などによって作り方などが異なるそう。アメリカのおふくろの味ともいえるコブラーはなんと、フルーツの上にビスケット生地をのせて焼くだけ。
パイやケーキに比べると断然作りやすいんです!


引用;sally’s baking addiction




Kana
Kana

色々なベリーや桃など、季節の果物をたくさん食べられる暖かいスイーツです。
ホイップクリームやアイスクリームを添えて食べます。



日本語のレシピもいくつかありますが、やはり本場のレシピを!と思ってアメリカのレシピで何度か作りましたが、日本のスイーツを食べ慣れている私にとってもは、どうしても甘すぎてしまいました。


なので、インターネットで見つけた美味しそうなレシピを元に、自分の好みに甘さを抑え、日本の一般的なオーブンでも作れるサイズに改良しました♪



今回は、改良後のMommy Kanaヴァージョンのアップルコブラーのレシピを紹介しますね。




Kana
Kana

私がベースにしたのはこちらのレシピです。

LAND O’ LAKES – Apple Cobbler Recipe

本場の味を試したい場合は、こちらもぜひご覧ください♪




〈 材料 〉
※幅25.4cm×奥行21cm×高さ6cm (内容量/1800ml)程度の耐熱皿分

・りんご;大4〜5個(5カップ程度)
・グラニュー糖;1と1/3カップ
・シナモンパウダー;大さじ1/2
・薄力粉;1カップ
・全卵;1個(Lサイズ)
・ベーキングパウダー;小さじ1
・塩;小さじ1/2
・バター(有塩);60g

・お好みでホイップクリームやアイスクリーム、ミントの葉など

Kana
Kana

スーパーマーケットに行くと、色々な種類のりんごが売っていますが、一般的に焼き菓子に向いていると言われているのが「紅玉」です。
色々あるりんご各品種の特徴をわかりやすくまとめたサイトを見つけました。
興味がある方はご覧ください♪

アマノ食堂 ふじ、つがる、紅玉…全5品種!りんごの種類・味・食感を比較してみた!

The Food Lab: The Best Apples for Apple Pie





⑴ りんごを細かく切って、耐熱皿に敷き詰める。



りんごは芯を取って皮をむき、厚さ5mm程度に切ります。


切ったりんごは、平らになるように耐熱皿に敷き詰めます。


※写真は、13インチ×9インチと大きな耐熱皿で作っているので、本レシピの量とは異なります。


Kana
Kana

後で溶かしバターをかけるので、くっつき防止で耐熱皿にバターなどを塗る必要はありません。





⑵ グラニュー糖(材料の一部)とシナモンパウダー(材料の一部)を混ぜて、シナモンシュガーを作る。

グラニュー糖(材料のうち1カップ)とシナモンパウダー(大さじ1/4)を混ぜて、シナモンシュガーを作っておきます。


Kana
Kana

この時使うグラニュー糖とシナモンシュガーは材料のうちの半量だけです。
残りは後で使うので、全部使ってしまわないように気をつけましょう。





⑶ 薄力粉・全卵・ベーキングパウダー・塩・グラニュー糖(残り)・シナモンパウダー(残り)を混ぜて、クラムズを作る。



薄力粉・全卵・ベーキングパウダー・塩・グラニュー糖(残り1/3カップ)・シナモンパウダー(大さじ1/4)をボウルに入れて、泡立て器などでかき混ぜます。


この時、シナモンが苦手は場合は、シナモンパウダーを入れなくても美味しく仕上がります。


水分量は少ないので生地はまとまりませんが、問題ありません!


同時に、電子レンジでバターを溶かしておきましょう。

Kana
Kana

クラムズ(crumbs)とは、「パン粉・パンくず」という意味があります。

材料をかき混ぜた時に、ぼそぼそとしてまとまりのないクッキー生地や粗いパン粉のように仕上がればOKです。





⑷ りんごに、⑵のシナモンシュガーと⑶のクラムズ、溶かしバターをかけて、オーブンで焼く。



①で耐熱皿に敷き詰めたりんごに、②で作ったシナモンシュガーと③で作ったクラムズ・溶かしバターをかけていきます。


A. ②で作ったシナモンシュガーを全体にまんべんなくかけます。

 ⇩

B. ③で作ったクラムズを全体にまんべんなくかけます。

 ⇩

C. ③で作った溶かしバターを全体にまんべんなくかけます。

 ⇩

D. 180℃に余熱しておいたオーブンで、50分ほど焼きます。


Kana
Kana

焼き時間はあくまで目安です。
こんがりと香ばしそうな焼き色がつけば、りんごにもしっかりと火が通っています。
クラムズの色を見て、焼き時間を見極めましょう!





⑸ お好みでアイスクリームやホイップクリームを添えて完成♪



出来立ての熱々なアップル・コブラーにアイスクリームはとてもよく合います!


トロッと溶けたアイスクリームと絡めながら食べてみてください。


また、アップル・コブラーは冷めても美味しいんです。


冷蔵庫に入れる時は、しっかり冷めてからラップなどをかけて保存してください。

Kana
Kana

冷め切ってないうちに保存容器などに入れて冷蔵庫に入れると、せっかくカリカリに仕上がったクラムズが湿気てしまって美味しさが半減してしまいます。





どうです?とっても簡単ですよね?


オーブンに入れる前までなら、30分程度で終わってしまいます。


スイーツ作りにありがちな、ボウルをたくさん使って洗い物が山盛り…なんてこともありません!


今回はスタンダードなアップル・コブラーを作りましたが、その他にも季節のフルーツを使ったレシプがたくさんあります。


こちらのサイトでは、日本語で色々なコブラーレシピが紹介されています。
↓↓↓
おうちごはん 生地をのせて焼くだけ!アメリカ発の簡単おやつ「コブラー」に注目

興味のある方は是非ご覧ください♪



コブラーはパイよりも手軽で大人数分を一気に作れるので、おもてなしスイーツとしてもぴったりです♪


寒い冬に暖かいスイーツは心も体も温めてくれます♪


美味しいフルーツがおうちにあったら、是非一度試してください。




Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です